犬の生体保証は必要?豆柴との生活をはじめて約1年の飼い主はこう考える

具合の悪いワンコと獣医師

「生体保証は必要なの?」

この疑問は、ワンちゃんを迎え入れる際に誰もが頭をよぎるのではないでしょうか。

もちろん、せっかく家族として迎え入れた大事なワンちゃんがいきなり亡くなるなんて想像もしたくありません。

ただし、もしものときのために、生体保証については一度じっくりと考えてみる必要があると思います。

この記事は、犬を購入するときに “生体保証” に加入するかどうか迷っている人へ向けて書きました。

生体保証とは?ペット保険と何が違うの?

まずは生体保証について簡単に説明しておきます。

生命保障や死亡保障といった呼び方もありますがこの記事では「生体保証」で統一しています。

生体保証とは一言でいうと、購入したワンちゃんが亡くなってしまったときのための保証です。(縁起が悪くてスミマセン・・)

一般的にその保証内容は、同じ犬種のワンちゃんを用意してくれるタイプが主流で、お金が返金されるタイプの保証は少数派と言っていいでしょう。

備えあれば憂いなし

また、ペット保険とごっちゃになっている人もいると思いますが、ペット保険は通院や入院、手術が必要になったときの保証です。

人間の保険でいうと生体保証が「生命保険」で、ペット保険は「医療保険」と考えると分かりやすいかもしれません。

そして、基本的にはペット保険等でこの種の保証(保険)は取扱ってはいません。あくまもペットショップやブリーダーなどで “購入時のみ加入できる” 保証になります。

飼いはじめてからでも加入できるペット保険(医療保険)とは違って、「加入するかどうかはワンちゃんを購入するときに決めなければいけない」ということですね。

代わりのワンちゃんが来ても嬉しくない?

ワンちゃんが飼いたくてずっと探しているといった場合は見つかるまでの間に考える時間もありますが、衝動買い(衝動飼い?)の場合は悩んでいる時間がありません。

加入が条件になっているペットショップもあるようですが、加入するかしないか選べるとしたら生体保証は加入するべきでしょうか?

先にも書いたとおり生体保証には「お金が返金されるタイプ」と「代わりのワンちゃんが来るタイプ」とありますが・・

この2つのタイプのうち、もし購入先が「お金が返金されるタイプ」だったら比較的カンタンに決められるように思います。

保険や保証に対する考え方にもよりますが、お金が返金されるタイプなら単純に掛け金が高いと感じるか安いと感じるか、要するに予算次第である程度決められますからね。

鬼に金棒

一方で決めるのが難しいのは「代わりのワンちゃんが来るタイプ」の生体保証です。

「この子にもしものことがあっても代わりのワンちゃんが来るから安心してください」って言われてもやっぱり抵抗がありますよね。

おそらく今この記事を読んでくださっている方も、ここが悩みどころなんだと思います。

倫理的な部分で「お金が返金されるならまだしも、モノじゃないんだから代わりのワンちゃんを用意するというのはあり得ない」という声もよく聞きます。

もっとシンプルに「そもそも他のワンちゃんが代わりに来ても意味がない」から、初期費用を安く抑えるために加入したくないという考え方もあります。

要するに「代わりのワンちゃんはいらない」と。

でも実際、例えば飼いはじめて1ヶ月で “もしものこと” があったら。。

これ、そうとうヘコみますよね。いろんな意味で。

そんなときに、また違う子が我が家に来てくれたら・・

もちろん、モノではなく“生き物“ということは理解している。

でも本音としてはやっぱり新しい子が来てくれたら嬉しいと思う人も多いのではないでしょうか。

生体保証に加入するかどうかの目安とは?

ここでちょっと質問です。

飼いはじめて1ヶ月で亡くなってしまう場合と1年で亡くなってしまう場合、どちらの方が悲しいでしょう?(つくづく縁起でもない話ですが・・)

家族として迎えたばかりの子犬が亡くなってしまったら悲しいと思います。でも、1年経ってすっかり家族の一員となったワンちゃんが亡くなってしまう方がそれは悲しみが大きいですよね。

と同時に、先天性疾患(生まれつきの病気)以外の病気で亡くなった場合、そのワンちゃんは別の人が飼っていても同じように亡くなっていたかは疑問です。

食事や運動、ストレスの有無などを考慮すると、さすがに1年あったら違った結果になる可能性は十分にありえますよね。

と、考えたとき、1年で亡くなったことに対して購入先にクレームをつける気持ちになるでしょうか?

おそらくそんな気持ちにはならないと思います。

ではこれが1ヶ月だとしたら・・

1ヶ月後だとしたら、さすがに文句の一つも言いたくなりますよね。誰が飼い主だったとしても亡くなっている可能性は考えられますし。

カンタンにまとめると
  • 一緒にいる時間が長くなるほど愛情も深くなってくるけど、それと同時にもしものときには自分の責任が大きくなってくる。
  • 1ヶ月から1年くらいの間で、何かあったときに個々人でそれぞれ納得できるという期間が存在するかもしれない。

要するに、

ペットは家族の一員という想いがあるからメンタル的にも混乱するけど、純粋に「1ヶ月くらいは何かあったときの保証はしてくれよ」という気持ちは誰でもあるんじゃないかと。

だから、自分の心に聞いてみて、もし「せめて〇ヶ月くらいは・・」という気持ちがあれば生体保証は加入した方がいいんじゃないかと思うんです。

(契約期間が選択できるなら「せめて〇ヶ月」の〇に当たる期間だけ保証してもらうのもアリかも)

逆に、1ヶ月の生体保証も付けられないようなところでワンちゃんを購入しない方がいいとも言えますよね。

思い立ったが吉日

「生体保証なんてけしからん!」「モノじゃないんだから代わりのワンちゃんなんて」といった意見もありますが・・

代わりのワンちゃんなんて思わずに、失った命と新しい命と両方を大切にすればいいだけのような気がします。

損をするほうが幸せという話

凜太郎の購入先は「代わりのワンちゃんが来るタイプ」だったのですが、何も考えずにとりあえず生体保証には加入しました。(購入価格の18%で1年保証)

ちょっと話は脱線しますが・・、

わたしはクルマを購入するときに、今は必ず車両保険に加入します。

むかし車両保険に入らずに愛車で自損事故を起こして廃車になった経験があるので、それ以来必ず入ることにしています。

クルマと生き物を一緒にするなと怒られそうですが、わたしはクルマが大好きでクルマは人生の友だと思っています。

なので、ある日突然クルマがなくなるという喪失感、朝起きたときに現実を受け止めたくないあの切ない気持ちは忘れられません。

体は無事だったのでそれだけでも有り難いことなのですが、次のクルマを買おうにも先立つものがないのでしばらくクルマなし生活が続いたという苦い経験。。

でもその後、車両保険に加入することにしてからは幸いにも20年以上大きな事故は起こさずに済んでします。

あれから一度も保険を使っていないので結果的には損をしているのかもしれませんが無駄だったとは思っていません。

もはや “おまじない” みたいなものですね。

まぁ、凜太郎のときもやはり “おまじない” をかけたという話なんですが。

お気に入りベッドの凜太郎

“もしものときのため” にある保険は「もしものことがなかったら損をする」仕組みになっていますが、言い換えると損をしたほうが幸せとも言えますよね。

結局、保険や保証に加入して良かったかどうかは結果論でしかありません。

いろんな意見があるとは思いますが、わたしはやはり生体保証は加入することをお勧めしますね。

最後に・・

いま凜太郎は我が家に来て10ヶ月になります。

実は先月、3日間の入院を経験しました。

最悪のケースを考えちゃって眠れなかったりもして。ホント、どれほど凜太郎のことが大切かというのを改めて実感させられる出来事でしたね。

同時に入院期間中、一番強く感じたのは家の中がすごく静かだったこと。

別に凜太郎がいつも家でしゃべっているわけではないのですが居ないと静か。。

これが寂しく感じるわけです。いやホント、3日でこれだったらと思うとゾッとします。

もちろん、もしものことがあったら凜太郎の代わりなんて誰もつとまらないと思いましたよ。

でも、もしそうなったときに自分が耐えられるかどうか不安に思ったことだけは確かです。